24歳誕生日前のイライラ

漢方薬の相談へ行った。
吐き気も落ち着いて、治療のゴールが見えてきた。
次の予約を取ろうと、いつもの先生の予定表をみた。
自分も休みで、先生が空いてるのは3週間後。
これ、私の誕生日の翌日じゃん。
10月で、私は24歳になる。
そして、気づいてしまった。
ぴーちゃん、あと1年で25歳だ。
25歳というと、転職活動でも未経験が許される最年長だったり、資格試験での年齢制限だったりする。大昔の女の人はクリスマスケーキとか言われて、25歳までに結婚出来なきゃOUTだったそうな。
人生なんて、年齢で区切るものじゃないけど、やはり気になるし焦る。
思えば、20歳を過ぎたあたりから、誕生日が楽しくない。
本当にイライラする。
母は喜々として祝ってくれて、ありがたいんだけど、自分の気持ちとは相容れない。
年齢が上がるごとにワクワクしてた十代ってなんだったんだろ。最近、無邪気さや、物事に熱中する楽しさを味わいにくくなっている気がする。
会社員になって、失敗が許されない場面が多々出てきた。若くて無鉄砲なことが許されない窮屈さはヤバイなって感じる。
だからこそ、ブログを書くのかな、とも思う。自分にとって唯一、失敗も、無鉄砲も、無邪気さも許される空間だといえるから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする