友達と手羽先とハーブス

東京で働く大学からの友達Uが名古屋へ出張ということで、会ってご飯を食べてきた。

東京でバリバリ働いて、さぞ都会のキャリアウーマンになったろうと思ったら、

全然変わってなかった。

初めての鳥開

Uが「名古屋らしいものが食べたい」ということもあり、エスカの鳥開へ。

これがめっちゃうまい。

手羽先も、味噌串カツも、鳥開サラダも、出し巻き卵も、サイコーだった。

ハーブス

その後、すっごく大きいケーキで名古屋では有名なハーブスでお茶をした。

Uの愚痴をアクセントにしつつ。

No.3の愚痴

ベンチャーのイベント企画会社に新卒で入ったUは、2年目にして会社のNo.3になっていた。入社半年後には新人採用の面接もやっていたとか(これはヤバいと思った)。

仕事がハードなイベント業界に加え、新人が育たないから、日々の愚痴を漏らしまくっていた。

ハードすぎて今までの出張では土地のものを食べることもできなかったとか。

でも、不思議と辞めたいとは思わないらしい。自分に合っているとか。

一方の私は、残業禁止のなかで疲弊して、発狂した私。世の中何がいいのかわからない。

友達Uは、愚痴も出して、地方の味を満喫できて、元気に東京へ帰って行った。

大学時代から変わらぬ背中を見送り、エンジンかけよ!と思った私ぴーちゃんでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする