女の転職活動費用はいくらかかるのか?体験談

<h3


id=”金のかかる転職”>金のかかる転職

無職歴が長い私が一番に思うこと。

転職活動は金がかかりすぎる!!!

金もかかるし、新卒の時と同じようには行かない。でも転職活動に関する情報は新卒より少ない。では、一体どのように違うのか?

「金額」という視点で転職活動と新卒の違い、使うものをまとめて見ました。

なおこの記事での転職活動は、普通の人の普通の職探しを言います。だいたい年収300~400万円くらいといったところでしょうか。年収600万円以上のハイクラス人材は服も持ち物もこだわるだけこだわってくださいな。

服装

一番お金のかかるアイテムです。スーツは必須中の必須で2着持っている方もいます。私も先日太って、持っているスーツが着られなくなったので、2着目を購入しました。グエーーーーーー!痩せろ自分!!!

ちなみに、今回の金額は全て洋服の青山で揃え、ボトムをスカートにした場合の概算です。(と言ってもどのブランドもだいたい同じような価格帯です)

スーツ

35000円〜40000円ほど。私は下取りサービスを利用して37000円ほどで買いました。バーゲンを狙えばもっと安くなるかもしれません。しかし、イオンなどのあまりにも安すぎるスーツは変なところにシワが寄ってしまいます。太って見えたりだらしなく見えるのはマイナス要素です。

色は新卒の黒一色と違い、自由度があります。黒以外に、濃いめの紺、グレーなど自分に似合うものを探してください。ベージュのスーツを着た方を一度だけ見たことはありますが、結構少数派だと思います。黒が圧倒的に多いですが、織り柄入りのものやフレアスカートのものなど、個性を出してもOK。とはいえ、新卒の時のリクルートスーツを使ってる人もいますね。やっぱお金かかるもん。(私の場合はリクスーも太って着られなくなった)

シャツ

3000円〜4000円ほど。スーツは1着でも構いませんが、シャツは洗い替えで2枚は持っていましょう。私が青山で買った時はシャツとベルトを購入するとシャツを無料でもう一つ選べました。お得情報は

こちらも新卒と違って、色シャツや柄シャツはアリです。が、太めのギンガムチェックとかあまり派手なものは避けましょう。

新調すると5000〜20000円ほど。結構幅があります。私は新卒の頃からのプレーンの黒パンプスを履いているので、新たにお金はかけていません。普通のパンプスなら良くて、真っ黒である必要もないです。むしろ、ちゃんと磨いてあるか、かかとは削れてないかなど手入れされている事が好印象の秘訣。また歩いても疲れないなど、見た目より機能面の方を重視して選びましょう。

持ち物

持ち物は、服と違って結構節約できる部分ですね。ここで転職費用を抑えましょう。

カバン

5000円〜10000円ほど。

大事な条件は2つ。

A4の資料が入る、置くと自立する

これをクリアしていないとエライ目にあいます。この条件を満たせばほぼ自由。かっちりタイプ、丸みを帯びたフェミニンなタイプどちらでもOKです。好みで決めましょう。色はスーツに合わせて自然なものであればOK。

ノート

文房具はかなり節約できる要素の一つ。100円ショップやコンビニの安いもので結構です

ハイクラス人材は皮のカバー買おうが、アピカのノート使おうが構いませんが、文房具で見栄を張る必要はない。

転職活動は新卒のように業務説明会をする企業は少ないです。書類が通れば即面接が基本。人前でノートをとること自体が少ない。むしろ自分だけが見るためにシンプルで使いやすければなんでもいい。

ペン

女性でもバリバリ営業やっててペンにこだわっていたなら、愛用しているものを使えばいいでしょう。それに何度も言いますが、転職で人前でノートをとること自体が少ない。私はサラサや、パイロットの4色ペンを使用しています。

備品

服装、持ち物以外で大切な備品を紹介します。こちらも節約して交通費などに回しましょう。

メイク

ファンデーション、アイブロウ、頬紅は大して差がないのでいつも使っているもので良いでしょう。しかし、普段、濃いめのルージュやアイシャドウを好んで使う人は、淡めの色のアイテムを揃える必要があります。

面接官は40〜50代が多い。オッさんは清楚な薄化粧が好き!お局様でもこれは同じ。和を乱しそう、性格がキツそうとか思われてしまうので、ナチュラルメイクを心掛けるべし。

ドラッグストアで1個500円くらいのものでOKです。(私は人一倍メイクにこだわっているのでルージュとアイシャドウ合わせて6000円使ってしまっています。アホですね)

ストッキング

ずっとスーツでお仕事していた人なら慣れているはずですが、私は作業着にズボンのスタイルで働いて来たので、ストッキングとは無縁な生活でした。プライベートでも全く履かないしストックもなかったので新しく買い直す必要があったのです。

結果バーゲンで3足1000円のセール品をデパートで購入。デパートでというのが重要なんです。

ストッキングはケチケチするとロクなことありません。

イオンで同じく3足800円くらいのを買いましたが、チクチクして履けませんでした。それに、多少高くても伝線防止のものを買ったほうが安心です。出先で伝線して、替えも持たず近くにコンビニもないとか、余計なアクシデントは避けたいものです。

交通費その他

こちらは地域によって違いますね。

名古屋だと地下鉄の初乗り運賃が200円とお高めなので、そこがネックになります。あとはお昼代を浮かせるのにおにぎりとお茶を家から持っていくとか、外で500円前後に抑える努力がいる。。。。

基本費用合計

スーツ(スカート1着の場合)35000円
シャツ(2枚)6000円
靴  5000円
カバン 5000円
メイク用品(ルージュ、アイシャドウ)1000円
ストッキング(3足)1000円

合計 53000円

全国共通な費用はざっとこんな感じ。うーん、在職中ならまだしも、失業中の身には痛い出費ですよね。フルで新調せずに、既存のものを活用して節約をしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする