noteで小説、漫画、掲載してます!

ぴぃこのnoteはコチラ

SNSを1ヶ月休んでみてわかったこと

日々の生活

SNSを休んで見て1ヶ月。これまでツイッターにべったりで「いいね」や拡散を欲しがっていた自分の浅はかさを見直すべく始めましたが、それ以上の効果が見えてきました。

SNSを1ヶ月休みます
Twitter Facebook Instagram 私が利用していこの三つを6月18日から約1ヶ月お休みしま…

 

結論1:Facebookは必需品である

Facebookはメッセンジャーで連絡をとる以外の全ての機能を使っていませんでした。

親しい人たちの生存確認程度にしか使っていませんでした。でも、結構必需品なのです。

優秀なメッセンジャー

メッセンジャーはめちゃくちゃ優秀なのです。電話番号もメールアドレスも知らないけど、この人と連絡取りたいなと思ったらすぐ友達になっちゃえばいいのですから。プライバシーも保てますよね。

instagramとも連携が楽だし、SNSというより生活インフラとして利用していきたいです。

結論2:Twitterは時間泥棒すぎる

SNS休止する前は、Twitterのタイムラインをついだらだら見てしまう癖がついていました。別に面白いから見るわけでもなく、ただの習慣で見ていたのです。恐ろしい。

タイムラインチェックでこれ以上時間を浪費しないために、一度スマホからアプリを削除して、1ヶ月過ごしました。お休み期間が終わったらまた始めようと再ダウンロードしたのですが、

またタイムラインダラダラ見ちゃうんです。やはり、これからTwitterはパソコンオンリーで見ます。

あと、日本語で罵詈雑言や不満ばかり飛び交うツイッタラー独特の環境もどうかと思います。

いつも社会に怒っている人のツイート見てたら自分も怒りっぽくなっちゃうし、病んでる人のツイートもまた然りなので、精神衛生上極めてよろしくなかった。早く気づくべきでした。

でも、関ジャニ∞やアニメなど欲しい情報が一番効率よくゲットできるSNSではあるんですけど。

結論3:漫画小説を読む時間が増えた。

タイムラインをダラダラ見ないようになったので、自由な時間が増えました。

無料、有料問わず面白いマンガを読んだり、前から読みたかった小説を買って読んで過ごしました。

漫画と小説を読む機会が増える、ということはブログのネタも自然と増えるということ。このブログにとってはメリットだらけでした。

最終結論:健全な距離を確かめた

SNSは必需品である面と、時間泥棒な一面を今更ながら感じました。1ヶ月休んだことで適切な距離が掴めました。

ブログやnoteの宣伝になると思って今まで一生懸命投稿したり、「いいね」をつけたりせっせとやってきましたが、さほど効果もありません。

むしろTwitterは「いったら言いっ放し」「共感地獄」が苦しくて仕方なく、Instagram&Facebookは中傷が少ないものの、超レッドオーシャンです。

自分の作品を広める場というより、「必要な情報を見つけたり、親しい人と交流を保つ手段」と考えるのが私にとって健全なようです。

コメント