noteで小説、漫画、掲載してます!

ぴぃこのnoteはコチラ

CLIP STUDIO PAINTの「良ワザ」事典はバイブルである

書籍レビュー

CLIP STUDIO PAINT PROを発売当初から使い続けているものの、まるで上達の気配がないのでとうとう本を買いました。

『CLIP STUDIO PAINTの「良ワザ」事典』。数あるクリスタの教則本の中でもかなりの良書なので、紹介していきます!

スポンサーリンク

初心者も脱自己流も

こんな人にオススメ!

  • デジタルで絵を描きたい、お絵かき初心者
  • iPad版CLIP STUDIO PAINTで絵を描く人
  • 「なんか作業効率低いなー」と思ってる中級者

デジタル初心者はもちろん、作業がはかどらなくて困っている中級者でも十分に使える一冊でした。

私は今まで、メイキング動画やネットで調べて、描いていました。でも、ネットだと発信者が当たり前に使っている手順が一個飛んでたり用語を知らなかったりして、何となく分からない。わからない部分は結局自己流で絵を描いていました。

でももっと上達したい!脱自己流を目指して買って正解だったと思います。

イラストテクニックてんこ盛り

色ぬり、選択範囲など、各項目に分かれ、全部で211のワザを紹介しています。

ちなみに、下の私の絵はワンピースの柄を本書のQ170のメッシュ変形の技を使って描いてみました。手順を省かずに買いてあるのでとてもわかりやすかったです。

他にも、色ぬりの項目のテクニックはすごく参考になりました。

漫画バージョンも欲しい!!

あまりに多機能に進化したクリスタの、本当に大事な基礎基本だけを押さえてくれていて、これだけ覚えたらデジタルイラストがすぐに描けるでしょう。

ただ、これはイラストテクニックの大事典。マンガ・同人誌を作るとなるとまたいろんな機能があるので、そこはマンガバーションができないかな!!と期待してしまいます。

クリスタはすごい!便利すぎると改めて気づかせてくれる一冊でした。

コメント