漫画「ダルちゃん」の正体を考えてみた

未分類

花椿で連載され話題となった、『ダルちゃん』単行本を読んだら、面白くて示唆に富んだ漫画だった件。

スポンサーリンク

あらすじ

主人公の丸山成美は、24歳で普通の派遣社員の女の子。でも、本当の姿は、ダルダル星人のダルちゃんなのでした。

自分が普通でないと自覚してたダルちゃん。幼い頃から、「普通」に見せようと努力してきた彼女は、派遣先でも仕事に居場所を見出し、周りにいいように使われていても文句ひとつ言わず頑張っています。ある日、飲み会で絡まれているところをサトウさんに助けられるところから物語は動き出すのです。

※以下、ネタバレを含みます。

ダルダル星人のダルちゃん

本心を隠して傷ついたダルちゃん。サトウさんの過去、経理のヒロセくんとの出会い。詩への情熱。

エピソードだけ切り取ればそれほど斬新さはなかったけれど、癒されて前を向ける物語でした。

それも、主人公がダルダル星人のダルちゃんでなくては成立しなかったものだと思うので、ダルちゃんの正体を中心にレビューしてみました。

擬態の意味

真の姿はスライムみたいなダルちゃんは、外へ出るときはいつも擬態をしています。この擬態って誰にとっても当事者性を持ってみれるんですよね。

ダルダルとは?

ダルダル星人の「ダルダル」というメタファーは誰でも感じる「自分はおかしいんじゃないか?」という気持ちの「おかしい」の部分を表現しているのではないかと。

私は読んでいて「あれ?ダルちゃんは発達障害?なんか仲間意識湧く」と思いました。人によって様々なものに変換できるのがダルダルなんです。

これがもしハッキリと「〇〇障害の成美ちゃん」みたいに現実的な困難を持った役割だったら。

多くの読者は「〇〇な人」としてしかみなくて、当事者性を持ってみれる人が限られてしまうんですよね。

与えられた役割

誰にでも当てはまることができる擬態。それは世間で与えられた役割をこなすということ。

派遣社員のダルちゃんは派遣社員として職場に溶け込み、与えられた仕事をこなすことで「私、生きていていいんだ」と思う。

ここは私も経験があるので切なくなりました。与えられた役割で承認されるのは社会で生きるのに不可欠かもしれないけど、やりすぎると大変なことになる。

人に、世間に、男に、社会に。合わせすぎて相手の本質を見ず、自分の気持ちをないがしろにしていると人生で深い傷を負うことがあります。

そんな諸刃の刃である擬態をダルちゃんはどう考えどう生きるのかというのは、私たちが自分がどうありたいか考えるのと同じことになるのです。

自分を抱きしめること

遅いターニングポイント

そして、この物語はびっくりするほど最後の方にダルちゃんのターニングポイントが置かれているんです。もうあと4分の1で終わるってくらいのところに。

それがサトウさんの彼氏、コウダさんとの出会い。

コウダさんの言葉

「普通の人なんて、この世に一人もいないんだよ。存在しないまぼろしを、幸福の鍵だなんて思ってはいけないよ」

サトウさんと親友になっても、ヒロセくんと本当に愛し合っても、詩という打ち込めるものに出会っても、ダルちゃんの根本にはまだ「普通の呪縛」が流れていた。それがやっとこの言葉で全ての鎖を解くことができた。コウダさんはそういった意味で最重要パーソンでした(出番がめちゃ少ないけど)。

リミットを外せない人に

それほど長かった「普通」の呪縛を解くことがダルちゃんの真の姿も擬態の姿もより豊かにするキーポイントとなる物語でした。こ

正直、私自身『ダルちゃん』を読んでもやっぱり日常では「普通」を意識せざるを得ないのが現実で、それほどに「普通」という言葉はなぜか重いです。リミットが強くかかっているのをひしひし感じます。

「ダルちゃん」は「リミットを外せ」ときつく言うのではなく、柔らかく、誰にでも囁くように「外す準備してみたら?」と言うような漫画です。擬態に疲れたと思ったらぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました