【夏旅】古書店巡りの素人が神保町を散策してきた

シェアくだされ〜

そもそも神保町って。。

ブロガー大文化祭の前に、神保町散策をしていました。 

東京都は千代田区にある、全国最大の古書店街神保町。

大学4年の時に初めて行った時はまさに未知のワンダーランドでしたね。「こんなボロボロの本が10万円もするの!?」と何の価値もわからぬ小娘ぴぃこはただただ驚いていました。

今でも全然古書収集はしてないですが、そんな素人でも楽しめる場所はあるのです。

さぼうる

東京メトロ銀座線のA7出口を出てすぐにある喫茶店「さぼうる」

がっつり昭和な趣の店構え、ドアを開けると落書きだらけの壁の間にぎっしり座席が。

いつも満員な人気店なので、この日も猛暑の中、並びました。

並んだ甲斐があった😝

画集が安い!

近くの山田書店で、お宝発見(私にとっての)。

奥村土牛が五百円だと!

荷物がかさばるのも考えず、早速購入。

奥村土牛は大好きな日本画家なので、おいおい記事にしたいです。

行った場所まとめ

さぼうる

山田書店

たった2箇所でしたが、十分エンジョイできました。

でも、当分は東京行かないかな。。暑いし。

ではでは。

シェアくだされ〜

フォローくだされ〜