友達に共感できなかった学生時代

マンガ

共感って難しい

10年ほどの不登校を経ていきなり大学生になってしまった私の最大の弱点は

共感力が乏しく、コミュニケーションが苦手

これで色々と損をしてきました。

ヘラヘラ笑いつつ「ヤバい、ヤバい」と言っては盛り上がることの意味もわかりませんでした。

「なんで淡々と問題解決しないで非生産的なことやってんの?」って感じで。(このスカした態度がのちにブーメランになって我が身に降りかかってくるのですがそれはまた別の話)

思えば、ただただテストが大変だった事に一緒に盛り上がればよかったのかもしれません。

ただただ共感するっていまだに難しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました