渋谷すばる『二歳』ざっと全曲感想書いてみた

スポンサーリンク

ついに。。。

ついに、渋谷すばる、デビューアルバム「二歳」が発売されました。

しかも私、昨日「babu会 vol.0」に言って参りました!!本人来て死にそうになりました。

(これは、あくまで私のログ。本格的なレビューならあちこちの音楽ライターの方々が嬉しいことおっしゃっているのでそれを読みましょう!!)

ここでは、手に取った感動を残しておきたくて気持ちの赴くがまま書いていきます。

未精製な魅力

ファーストアルバム「二歳」。一言で言うと「そのまま」なのです。

babu会でも、もちろん生演奏は臨場感サイコーでトップレベルのバンドマンさん達の演奏とすばるくんの歌が心にズシンと来ました。ただ少し思ったのは

ぴぃこ
ぴぃこ

このCD、違和感なくね?

てこと。ライブ感がちゃんと閉じ込められているのです。イマドキのCDって技術力がすごいので、「なんか生声と違うよね声?」なんてことがあるけれど、「二歳」にはそれがなくて。いい意味で未精製な感じがとても好きでした。

1ぼくのうた

渋谷すばるじゃなきゃ歌えない曲で、究極の自己紹介ソング。なんか居住まいを正して聴きたくなる曲です。

2ワレワレハニンゲンダ

1が自己紹介ソングなら、これは自己紹介の後で仲良くなってく人間讃歌ソング。巻き舌ができたらカラオケで歌ってみたいものです。

3アナグラ生活

イントロのキラキラした感じがすきです。「アナログと〜デジタルの~」ってしょっちゅう口ずさんでしまう。入りやすい歌です。大音量で聴くと分かるのは、最後のキーボードの速弾き?がかっこいいこと。

4来ないで

あ、なんか正統派なラブソングいいなーて違うんかーい!ていう歌です。遊び心が最高でした。

5トラブルトラベラ

韻の踏みかた「子供の頃チャリで〜」のくだりはなんか分かる分かる!って思いました。私自転車乗れないけどね。

6なんにもないな

これも6と同じくたぶん、東南アジアの旅行中の歌。列車のなかや散策中に思いついた詞なのだ思うとジンと来ますね。すばるくんの人間に対する感覚が短い歌詞に詰まってます。

7爆音

疾走感溢れるロック。カッコいいしかない。これライブで絶対聴きたいやつです。

8ベルトコンベアー

すばるくんの見方で世の中と自分のあり方を対比する感じがしました。「綺麗じゃないから別の道」と言うのは、どこか人と違うと葛藤を抱えた姿を思い浮かべてしまいます。

9ライオン

一番すきな曲です。過去から現在の自分を投影した曲なのかな?最後のシャウトが胸に響きます

10TRAINとRAIN

想像したのとは少し違った曲でした。落ち込んだ時に聞くと元気付けられるな、と思いました。

11生きる

生きることを全肯定してくれる作品。関ジャニの「生きろ」のアンサーソング?とか言われているけれど、そうなのかなーとも思えるしそうでないとも言えるし。とりあえず、生きようと思える曲なので悩んでる人を見かけたら勧めてみようかなと思います。

12キミ

ファンクラブの動画でも言っていましたが、これは確かに何も言うことはないですね。eighterなら。彼もどこかで聴いているといいなあ。

気持ちいい一枚

全体を通して、「人生」を歌っていて、メッセージ性溢れるすばるくんの伸びのある声から、本当に気持ち良さそうに歌っているのが伝わって来ました。

 

ライブ、当たるといいなー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました