noteで小説、漫画、掲載してます!

ぴぃこのnoteはコチラ

心療内科を受診するレベルに心が壊れたので会社を辞めました。

転職活動日記

4月いっぱいで会社を辞めていました。

本来は6月までの予定でしたが1ヶ月以上はやめての退職になります。

ワンマン社長のブラック企業のバイトでも労働者の権利を守る方法1
こんにちは。 2ヶ月まえに入ったばかりの会社をひょんなことから6月に退職することになってしまった私です。 この…

退職理由

会社で私の仕事自体がなくなったことと、心身に不調をきたしたことです。

この二つの理由が重なって、物理的、精神的両面で仕事が続けられなくなりました。

不安定な会社

私の退職が決まった2月のはじめ頃、一時会社が上向き始めていました。新しい仕事が決まり、私もWeb広告のコピーライター業務を中心に仕事をしていました。

でも、3月から、徐々に仕事が減っていきます。4月に入ると、写真素材の整理やシール貼りなど、Web制作とは程遠い業務ばかりになりました。

決まるはずだったWebサイト制作が流れたりして、会社全体の仕事量が減少して行ったことが考えられます。

心療内科を受診し退職するまで

せっかく足がかりをつけた憧れのWeb業界。しかし、そこに足を踏み入れたら嫌な事、理不尽な事ばかりを見る羽目になりました。

信頼していた社長や先輩社員にやってもいないミスや無断欠勤をでっち上げられ、それでも「ここで実績を作るためにフルで働かないと」と戦ってなんとか勤務を続けることになりました。

ワンマン社長のブラック企業のバイトでも労働者の権利を守る方法2
ブラックでも頑張った理由 前回の記事はこちら [blogcard url=” 念願のWeb制作会社に就職したは…

コピーライターやブログの代筆で短いながらも実績は作りましたが、社内での冷ややかな扱いは加速していきました。

社長は私の電話の応対にケチをつけたり、無視といった対応。最初は優しかった先輩たちもそれに呼応してよそよそしくなります。

社長不在の中、社長のお客さんに電話で

「社長携帯に電話したら出てくれるかな?」

ときかれ「それは分かりかねますが、お急ぎでしたらお電話お願いします」と言ったら女性社員に「会社の電話なんだからちゃんと対応して」と怒られます。ちゃんと対応してるのに。こういうことが多々ありました。

電話をできるだけ取らないようにしました。どんなミスをなすりつけられるか分からない環境下で仕事をするのは耐えられません。

4月、心が壊れる

 

3月中旬頃から、定期的に心療内科を受診し始めました。「こんなに周りとやっていけないで仕事をコロコロ変えるのは、発達障害か何かの精神病じゃないか」と自分で思うようになったからです。

不安やイライラ。学生時代の嫌な記憶や、過去の仕事での理不尽な事。これらが記憶の底から噴き上がって爆発するようになりました。その度に家族に当たる頻度も増えます。

転職活動以外でも会社を休みがちになりました。

ある日、目眩で1時間遅れて行ったら「仕事を頼まれている立場なんだからスケジュールに気を遣って」「約束を守って」となぜか怒られました。

約束を最初に破ったのは会社なのに。私も好きで体調悪くなってるんじゃない。勝手にスケジュールを入れないでよ。死にたい。

この発言で私のなかでプツンと何かが切れ、その後すぐに退職を申し出ました。

でも、Webクリエイターでいたい

 

これだけ嫌な思いをしても、いまだに、Web業界への未練が断ち切れません。働いてまだ3ヶ月もしないのに、諦めたくはない。

でも、前と同じようにWebデザイナーとしてやっていきたいのか、分からなくなりました。

頭の中とは逆に、心はすり減って仕事どころか日常生活にも支障を来しています。Webクリエイターとして研鑽を積むどころではなくなりました。

自分をすり減らさずに出来る仕事、すり減らない働き方はこの世界にはあるのか。今一度自分をフラットな状態にして考える必要があると思います。

今の私のままでは、何があってもWeb業界に行きたいのか、心身の健康をとって違う仕事を考えるのか判断すらできないからです。

でも、一つだけ決まっているのは、この「新人Webクリエイターの備忘録」は続ける事。ネットで何かを発信する事は私の癒しになっています。

先のことはわからないけど、とりあえず今はゴールデンウィークを普通に楽しみたいです。東京の友だちにも会いたいし、温泉も入りたい。仕事以外のことにも目を向けたい。ブログも仕事の延長みたいな書き方はやめて楽しいことで埋めてみようと思います。

これからも備忘録を書き続けるし、私の人生は続くのだから。

コメント