『読みたいことを、書けばいい』は文章の本ではありませんでした

書籍レビュー

文章術の本を買ったら、文章術の本じゃなかったってこと、ありますか?私はつい最近ありました。

スポンサーリンク

お友達の本

私、ものすごい気軽にこの本を手にとってしまったのです。ジュンク堂で。

ぴぃこ
ぴぃこ

すごーい!!ヒロノブさん!!本棚で平置きされてるよ!

くらいの気持ちで。

というのも、田中泰延さんとは相互フォローいただいているのでツイッターで出版を知ってすぐ「あっ!お友だちが本だした!買おう」いった感覚でした。

ネット世代の私の感覚では相互フォローは誰でも「お友だち」です(相手がどう思っているのかは関係ありません!空気読めない人間なので!)。

シンプルに笑えるアンチ文章術の文章術

ところで、本書『読みたいことを、書けばいい−人生が変わるシンプルな文章術−』は、文章を書き始めた初心者の方のためのやさしい指南書の体をなしていますよね。もちろんその通りなところはそうなんです。

ナチュラルな表紙デザイン。大きめの文字。何より、ヒロノブさん流のウィットに富んだ文体。

でも違いました。

この本を読了した後、私にとって副題はこう読めました。

『読みたいことを、書けばいい−シンプルに笑えるアンチ文章術の文章術−』

ですかね。。。センスない私。。。

著者の生き方を楽しむ本

なぜこう読めたかというと、単に文章術を身に付けたいなら別の本を読むべきかなって思ったからです。本書を楽しむなら、著者の生き方を読んで楽しむ、その上で文章の話が載っているものと考えた方がいいです。タイトル『読みたいことを、書けばいい』にはそれが詰まっているのですから。

「読みたいこと」とは

まず、「読みたいこと」と

第3章「どう書くのか」で読みたいものの本質に迫っています。ここは2度読み必須です。

よく考えてみると、私たちの読みたいものって

  • 誤字脱字がなく
  • 構成がしっかりしていて
  • 史実や事実をよく調べて
  • 従来と異なる視点を持った
  • 信頼のおける
  • 流麗、かつ引き込まれる面白さのあるもの

ですよね?結構レベル高くないですか!?

読みたいものを書く豊かさ

私自身、ブロガー界隈に身を置いているとよく聞く理論として

最初は低品質でもいいからとにかく記事を増やせ!!

があります。実際、私もやってみたことがあります。毎日よく調べも考えもせず、どんどん記事を量産していく毎日更新の日々。結果、全くしっくり来なかった。というより、過去記事全部消したいくらい嫌になりました。

なぜなのかというと、そんな風に生産した記事は、私が「読みたいもの」ではなかったからでした。読みたいものを書けないのは、しんどいし、自分の心を豊かにはしなかった。

「読みたいことを、書く」というのは、それに気づくことなのではないかと、3章を読んで思ったのです。

書くのは修羅の道

あと、もう一つ、副題をつけるなら

『読みたいことを、書けばいい−書くという修羅の道を歩む覚悟はあるか!!−』

です。なんか、またセンスない。。。

バズる方法なんてない

文章で食べていきたい。たくさんの人に読んでほしい

文章を書いていれば、誰もがそう思うはず。

私なんてつい最近まで、毎日のようにバズりたいと思ってましたから。今でもふと「バズりたい」病が顔をだす。もはや慢性疾患です。

そんな読者にこの一発が待っています。

「インスタ映えする写真」のような「ブログ映えする文章」みたいな指南もある。なんとかバエとかなんとかバエとか、おまえはショウジョウバエかと言いたい。

私、ショウジョウバエでした。哺乳類ですらないなんて。。。

本来書くって、承認を得るためでも、バズるためでもないですもんね。。。誰からも評価を求めずただ調べ、考え、書くってよくよく考えためっちゃ修羅の道ですよ。

でも、書くのはやめられない!

シンプルに、そしてユーモアを持って厳しいことをおっしゃる。しかし、この本を読んだあとも、私は書くのがやめられないようになりました。というより、もっと好きになりました。

茨の道を選びたくなる一冊

文章というのは本来、調べ抜き、考え抜いた結果の産物。そうやって研ぎ澄ましていくと、シンプルにならざるを得なくなるのです。自分の限界を思い知らせてくれると同時に、自分の世界を広げてくれるものなのだと、ヒロノブさんは本書を通して教えてくれています。

書くために、茨の道を歩きたい。

そういう生き方を選びたくなる一冊です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました